Share on Google+Share on Facebook

image

に1回、亀有教会の礼拝の時の奏楽を担当しております。

昨日はパーカッションのKOUSEIさんと一緒に、アンサンブルさせていただきました。

リハーサルではピアノとボーカルだけでしたが、当日はリズム楽器も入っての演奏でした。とっても音楽が華やかになり、より一層、讃美しやすくなり、そして、会衆はもちろん盛り上がりました!

日曜礼拝の奏楽というと、オルガンで厳かに讃美歌を歌う?!みたいなイメージだと思いますが、亀有教会はそれだけじゃなく、もっと、身近なポップステーストな「ワーシップソング」というものを中心に歌います。

イメージは映画に出てくる黒人の礼拝で歌うゴスペルのような感じでしょうかね。

礼拝ではとにかく沢山の曲を讃美します。

会衆が讃美によって、神様と一体になるために奏楽者として、歌いやすいように伴奏しなくてはなりません。

昨日は、本当に神経を研ぎ澄まして演奏させていただきました。最初から最後まで、合わせる意識で演奏しておりました。

普段はリズム楽器と合わせることがめったにないので、ボーカルやバイオリンやその他の楽器でもない感覚は

常にドキドキで、本当に勉強させていただきました。礼拝が終わった時の疲労は言うまでもなく。。。

自分の甘さにがっかり、またまた反省です。(+_+)

もっと、勉強しないとな~。

そうそう、私の曲にKIZUNAというラテン調の曲がありますが、それにも素敵なリズム演奏が入っておりますよ。

友人がこの曲の為に演奏しております。

ぜひ、聴いてみてください♪ ノリノリ~で勇気や元気が出ると思いますよ(^_-)