平成最後の日、ベアーズミュージックのGW企画でみんなでベートーヴェン物語へお出かけしました。

今回の企画に参加されたベアーズメンバーさん(ご家族含む)は12名でした。

一人お芝居とコンサートはどんな感じになるのだろう?!

ワクワクする気持ちでした。

教室がある、おおの診療所前で待ち合わせをして、近くのバス停からバスに乗り、葛飾シンフォニーヒルズまで行きました。バスに揺られ10分で到着!(これは近いです。)

会場にはたくさんの小学生たちと親御さん、赤ちゃんを連れていらっしゃっている方も見受けられました。

さ〜て、開演!!

65分という上演時間。これは、短い?!長い?!ちょうどいい?!のか。

まず初めに素敵なドレスを着たピアニストの三村真里さんが「月光」ピアノソナタ第3楽章を弾かれました。その後、ベートーヴェンさん役の岡田由記子さんが登場し、掴みはオッケーの笑いからお芝居が始まりました。リラックスした雰囲気で、終演まであっという間でした。

物語の間には「悲愴」ピアノソナタ第1楽章、「テンペスト」ピアノソナタ第3楽章。「熱情」ピアノソナタ第3楽章、アンコール「エリーゼのために」を同じ空間で観る・聴く・感じることが出来ました。

とてもわかりやすい内容と演奏でどんどん引き込まれていきます。

ふと横を向くと、前の椅子の背もたれで指を動かしているような仕草、弾いているような格好をしている子供もいました。

ベートーヴェンってどんな人?どうして耳が聞こえなくなったの?

ベートーヴェンってなんでこんなに渋い顔?

ベートーヴェンの曲は何曲あるの?

どんな曲があるのだろう?

などなどetc.

そんな疑問も演奏とお芝居で一気に解決できましたね。

この機会にベートーヴェンの曲を弾いみたいと思う子もでて来てくれたら、嬉しいな〜、と思っていたのですが・・・・。

なんと!予想的中!

早速、「ベートーヴェンが作曲をした曲を弾いてみたい!」と申し出がありました(笑)

その生徒さんは、次回まで「トルコ行進曲」が宿題となりました。

そして、楽しんだ後は感想文を提出していただくことにしました。

子供も大人もみんなが声を揃えて「楽しかった!」

これって、スゴイ!!

これから、ベートーヴェンの曲を練習することになる生徒さんはきっと、みんなで行ったお芝居と演奏「ベートーヴェン物語」を思い出すでしょうね。

本当に昨日は行って良かったです!!

行かれてない方はぜひ!

コンサート×おしばい「ベートーヴェン物語」

最後にベートーヴェンさんと三村さんと一緒に記念写真を撮っていただきました。

参加された皆さん、そしてみむみむの森の皆様ありがとうございました。