ベアーズミュージックルームの生徒さんは合唱コンクールなどの伴奏者に選ばれる事が多いです。😄

ピアノを習っている事は🎹重要なポイントではありますが、ピアノをソロで弾く事とピアノ伴奏とでは「少し弾き方」や「気持ち」が変わります。❣️

*レッスンではベアーズ方式、ピアノ伴奏法もレッスンできます。(希望者のみ)

したがって、ピアノが弾ける!からと言っても、伴奏が上手く弾けるとは限りません。😌

昨年秋から高校1年生の女の子が入会されました。

入会の理由は、「どうしてもピアノ伴奏者として選ばれたい!」からということでした。

ただ・・・

・ピアノの経験はありません

・楽譜も読めません(音の高さは数えれば読めます)

 

学校の音楽の先生がピアノのオーディションする1月まで弾けるようにとのこと。

 

さて、その気になる合唱曲は

 

EXILE 「桜の季節」

だというのです。

 

 

 

う〜む、これはお互い(私と生徒さん)相当、覚悟して引き受けなければ

ならないと思いました。

・レッスンでは40分レッスン4回コースをお申し込みいただいたので、

レッスン以外に練習の時間を持つことができるのか?!

 

その生徒さんは計画も立て、しっかりとやる!やりたい!頑張る!!絶対何としても伴奏者やってみせます!!

の言葉を信じて、レッスン開始してみると、意気込みは本物でした。私も毎回のレッスンではびっくりしました。レッスンで次回はここまでやってくると言われたところは暗譜してくるほどの練習量でした。

なんども繰り返しやっていたら、覚えてしまった・・・とのこと。

 

・手のフォーム・タッチ・脱力、指使い、強弱はもちろんフレージングの作り方、ペダルの入れかた、楽語の理解、などなど大変ではありましたが、出来てきました。

 

正直、ここまでしっかりやってくるとなると、もう少し早くピアノをレッスンされていたら、きっと上手になる子だとすぐわかります。😊それだけに、もったいない・・・。

でも、その子の人生の音楽(ピアノ)を習うタイミングなんだとも思えます。

これをやりたい!が今なんだと。

 

手つきは少しぎこちないように思えますが、初めてピアノを弾くにはすご〜い大変な曲を弾いてますから、素晴らしいと思います。

 

さて、先日オーディションが行われたと連絡が来ました。

結果は

     「合格!!」

 

私も思わず、手を叩いて喜んでしまいました!!

 

この女の子の根気は素晴らしいものと感心します。しかし、ものには順序、段階を経ていかないと通常は挫折しますから。

しっかりした、計画を立ててもその通りいかないことも多々あるものですしね。

ただ、前向きで明るく、目標は達成できるように着実に実行したから、結果が後から付いてきました。

 

最近では保育園の年長さんで通ってきてくる男の子もメキメキ上達してきました。

お母さん曰く、「練習は裏切りません!」とのこと。

素晴らしいお言葉です。

 

理想現実に悩む方はぜひ、実行に移してくださいね。

もし、実行に移してもうまくいかないとしたら、きっとうまくいかない理由があり、間違った方向でやっているのかもしれませんね。

冷静に分析されると良いかもしれません。レッスンでは、自分で分析ができ、どうしたら出来るようになるかの練習方法(訓練)もお伝えしています。

 

全ては繋がっています。

 

音楽から教わる人生を改めて感じています。