Share on Google+Share on Facebook

今日で丁度、東日本大震災から6年が経ちます。

あの震災で犠牲となられた人々への追悼の思いと被災地の更なる復興を心からお祈りいたします。

 

あの日、私は教室に居ました。

波打つ床を歩いて、倒れそうな譜面台を両手で掴んで居ました。

 

東京も震災の影響でパニックでしたが、東北のことを思えば比ではありません。

6年が経った今でも、原発問題で苦しむ方、治安問題、いじめの問題、風評被害、大切な顔族や友人など失った悲しみ、未だに見つからないご遺体、特定できないでいる遺骨、住み慣れた土地から離れて暮らす人のストレス、将来の不安、行き場を失ったペットや家畜、まだまだ問題はあります。

 

決して人ごとではありません。

これは今も続いている現実問題なのです。そして、これからも続く問題だと想像できます。

 

私は東北へ「寄り添い」ます。

 

沢山の痛みと引き換えに学んだ教訓は、決して傲らず、謙虚に活かせるようにしていきたいと思います。

ベアーズミュージックルームでは引き続き、募金箱設置や支援Tシャーツを販売をしております。

どうぞ、ご協力お願いいたします。